銀座コージーコーナー バイト 大変

銀座コージーコーナーのバイトで大変なことを乗り越えるには…

スポンサードリンク

どんなバイトにも大変なことはつきものですが、銀座コージーコーナーのバイトも大変なことがあります。

 

銀座コージーコーナーでは、クリスマスなど忙しいイベントの季節は夜中の11時ぐらいまで残業したりもします。

 

終電が間に合わなくなる人は帰りますが、そうでない人たちは残って仕事をするのです。

 

当然残業代は出ますが、体力的にきついです。

 

また、銀座コージーコーナーでバイトしていて、お客様からダメ出しをされた時は落ち込みます。

 

たとえば、バースデーケーキに載せるチョコプレートにチョコペンで名前を書き入れる時、上手に書けないとお客様を怒らせてしまう事があるのです。

 

そんな時は、精神的につらいです。

 

しかし、最初慣れないうちは体がしんどいことも当然ですし、失敗も付き物であることを覚えておきましょう。

 

何か月かバイトしていたら体も慣れてきますし、失敗も少なくなります。

 

また、困った時や大変なことがあった時は先輩に相談してみましょう。

 

先輩も同じような失敗、もしかしたらもっとひどい失敗をしたことがあることを話してくれるかもしれません。

 

一人で抱え込むようなことはせず、店長や先輩、同僚に相談してみることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

銀座コージーコーナーのバイトを辞めたいと思うときは…

銀座コージーコーナーは、比較的人間関係もよく、すごく体力を使うわけでもないので働きやすいバイトだと言われています。

 

そんな職場であっても、中には辞めたいと思う人も少なからずいます。

 

なぜバイトに評判のよい銀座コージーコーナーの仕事を辞めたいと思うかというと、仕事中に大変な失敗をしてしまった時などです。

 

たとえば、熨斗のかけ方や表書きを間違えていたり、アレルギーの人にアレルギー物質が入っている商品を売ってしまってクレームが来たりなど会社を巻き込むような大きな失敗をしてしまった場合、立ち直れないくらい落ち込むことがあります。

 

それで、これ以上銀座コージーコーナーでは働き続けられないという気持ちになって、バイトを辞めたいと思うのです。

 

しかし、辞めることはいつでもできますし慣れないうちは失敗も当然なので、辞めたいと突発的に思ったとしてもすぐに辞めずに続けていたら、辞めなくてよかったと思える日が来るでしょう。(2017年3月26日更新)

 

スポンサードリンク